というわけで・・・・。

中国の軍事費の伸び率の理由は、
1、人件費の上昇(人材育成費を含む)
2、石油価格の上昇
3、装備の近代化
のようですが、「東京新聞」の記事では、装備の近代化を、あくまでも、「防衛作戦能力を高めるための装備費」だそうです。(引用:東京新聞3/5付け)でしかも、中国側の言い分は、「中国は1・36%で「世界的に比較的低いレベル」であるそうです。
ただ、中国の場合は、情報公開がきっちりとなされていないケースがあるため、実数は、その2~3倍にも及ぶとも言われています。この費用が丸々上に上げた3つの理由以外にも、第4の理由として、軍高級幹部による横領(爆)もあるかもしれません。なんせ、法治国家ではなく、放置国家ですから。(笑)
いずれにせよ、装備の近代化を行うということは、その地点で脅威ですわな。
近代化をする量にもよりますが。
[PR]
# by rjw.tunetune | 2006-03-05 10:08 | 中国・台湾のこと

中国の軍備

Excite エキサイト : 国際ニュース
国国防費14・7%増 「脅威論」に拍車も [ 03月04日 19時38分 ]
共同通信


 【北京4日共同】中国で5日開幕する全国人民代表大会(全人代=国会)の姜恩柱スポークスマンは4日記者会見し、国務院(政府)が全人代に提案する2006年度予算案の国防費が前年度実績比14・7%増の約2838億元(約4兆1000億円)に上ることを明らかにした。1989年から18年連続で2けたの伸び率となり、日米などで強まる「中国脅威論」に拍車を掛けそうだ。
 姜スポークスマンは国防費増加の理由として(1)兵士の待遇改善(2)国際石油価格の上昇(3)装備近代化-などを挙げた。台湾独立阻止や積極的な海洋進出をにらんだ潜水艦、戦闘機などの装備強化も背景にあるとみられる。
 米国防総省は昨年7月の年次報告書で中国の国防費を発表分の「2-3倍」と推定。実際の国防費は倍以上との見方が専門家の間では支配的だ。


3/5東京新聞
中国国防費14.7%増
今年4.1兆円
 【北京=新貝憲弘】中国全国人民代表大会(全人代=国会に相当)の姜恩柱スポークスマンは四日、記者会見で、二〇〇六年の国防費は前年比14・7%増の二千八百三十八億元(約四兆千百五十億円)と、十八年連続で二けたの伸びとなることを明らかにした。

 国防費が増えた理由について、姜スポークスマンは(1)経済発展や生活レベルの向上に伴い兵士の給与や福利厚生も向上(2)石油の国際価格高騰による燃料購入費の増加(3)兵士の育成強化(4)防衛作戦能力を高めるための装備費-を挙げた。国家予算に占める比率は7・4%で昨年(7・34%)とほぼ同じ。

 日本や欧米諸国は、年々増大する中国の国防費に懸念を示しているが、姜スポークスマンは「強力に軍備を発展させる意志も能力もない」と強調。〇五年の軍事費(ドル換算)で比較すると、中国の三百二億ドルは米国(四千十七億ドル)の十三分の一以下で英国や日本よりも少ない。国内総生産(GDP)に占める比率も米国の3・6%やフランスの1・98%に対し、中国は1・36%で「世界的に比較的低いレベル」と反論した。



[PR]
# by rjw.tunetune | 2006-03-05 09:48 | 中国・台湾のこと

さっきの文章のコンピューター訳です。(笑)

日心配中国はハイテクの武器を成育する


中国は全人代提出の予算案に国防費用が15%を増やすことを表して、そのうえ自動飛行爆弾に関連して、宇宙飛行相関的技術的科学技術賃は18%を増やして、日本防衛庁長官、研究所などが全部中国の軍備拡大に憂慮することを示すことを防衛して、再び加えて中国提出の台湾白書島付近を釣っておよび2月上旬には自動飛行爆弾の艦を観測する演習、全部日本に深く中共を感じさせる覇権姿態は復活して威嚇する。

中国時報は17日に話すことを報道して、軍事評論家の江謙介は15年以後中国の大海空軍がすぐに日本にとても大きい威しを構成すると言明して、それで前海軍将官川村純彦はまた中国に対応するための航空母艦を主張して、日本はまた航空母艦などを擁することが当然に、息了のひとしきりを沈没させる「中国の威し論」は再度浮かぶ。

 話すことを報道して、中国の予算案中、日本が注意し国防経費を除いて15%を増やして、主要にまだ比較的に関心のそれは飛行機に用いて、自動飛行爆弾、核兵器と宇宙飛行相関的技術などのハイテクの武器開発費用達一の1、2億ドル、成長率達一の8.5%、まだ国防経費を超過する成長率、日本防衛庁は研究所提出の「東アジア戦略概観」中のすでに中共弾道自動飛行爆弾を指摘する威しを防衛して、そのうえ中共に米日が共同でTMD(戦区自動飛行爆弾は防衛する)がまた「中共はTMDが中共自動飛行爆弾などの武器を削ることができるかどうか心配する威勢です」を指すことを反駁することを作意することを研究すると抗議して、防衛庁は研究所を防衛して均しいことは中共の自動飛行爆弾は威嚇して考える日本が早目に当然で応えることの陣容のTMD。

 日本軍事評論家の江謙介は指摘する、中国軍事現代化はすでに、ただしのろさに依然として該当して、除いて少しの比較的に積極的戦略は陣容東風の3の型戦略弾道自動飛行爆弾のようにおよび陸軍に緊急で部隊などを出動させることを創建して、多くの現代化は理論の層に留まることで、もし唯中国の経済発展が順調に続けば、そのうえ現在の政治体制に主として最も大きい変化のなかった時、15年以後、中国の軍事の力、特に大海で、空軍兵力、日本にそれで言葉はすぐに重大に威しを構成して、そのうえ中国軍事論文中が何度も未来を提唱する戦争はその上ある伝統を採る正規の戦争、それで「非シンメトリの型」の「ウルトラ限は戦う」を用いて、即ち金融が戦争を包括して、心理は戦って、化学は戦って、通商は戦って、コンピューターは戦って、遊撃戦など、これはすぐに自衛隊の機能に大きさが脆弱化することとすることに対して、理由防衛庁、自衛隊は時代と状況の動向を正確に掌握することが当然に、常に客観的に自分を評価して改正する能力があって、諸方の面にいることによって主要能力を取得する。

 江指に基づいて出す、中国はロシアに2隻の駆逐艦を取り寄せて、第1隻の「杭州」はすでに中国を手渡して、それでこれは中国唯一のエネルギー派上用途の現代の大型軍艦で、特に陣容射程は16の○キロメートルに達して、2.5の倍音の速いの艦は艦自動飛行爆弾に対して、差し当たって無がこの自動飛行爆弾を阻止することの有効な手段に尊んで、ただ当面の中共は無がこの自動飛行爆弾威力をふるった警報管制系を使うことに尊んで、中国はすでによって向かう
色は連なって1機レーダー系に便乗するレーダー哨戒機を取り寄せて、器を1年あまり以後交わすことを予定して、これ器は「杭州」を強めることができて探って海上目標能力を測定してまだ可知でないことですか、それでただ1機は不足で、よく知っていなければいけないべし棚;他方アメリカ航空母艦部隊は1000キロメートル範囲半径達一を警戒して、差し当たってまだ中国威勢以上にあきらめて、唯中共の確はすでにしだいに海洋に周辺国家に威を構成する
わき。

 江并は指摘する、中国はまたすでにロシアから50機のSU-27の蘇恺の戦機を約束を買い付けて、ただし部品補給などは不良で、出動率は低くて、しかし台湾に対するため爆弾を投げることを圧してそれで試みることを施す、ただしこれはまったく当然でない器原本用途;他方中共はまたロシアからエンジンとレーダーを購入して、汁の陽由ロシア授権に200機の蘇恺器を生産する。

 前海軍将官川村純彦はすると指摘する、中国はすぐに2の○に15年に真正航空母艦を擁して、日本は大海の糸から言ってそれで観点は防衛して、構日本自分を造る体系を防衛することにまた応えて、航空母艦を擁して、ただアメリカのようあることは陸地を攻撃する襲撃機に便乗することで、日本はもって迎撃器の主に便乗することとすることを結んで、即ち防衛の型航空母艦。
[PR]
# by rjw.tunetune | 2006-03-05 09:36 | 中国・台湾のこと

中国軍事費に関して


日忧心中国发展高科技武器


中国在全人代提出的预算案显示国防费用增加一五%,而且有关飞弹、宇航相关技术的科技费增加一八%,日本防卫厅长官、防卫研究所等均对中国的扩军表示忧虑,再加上中国提出的台湾白皮书以及二月上旬在钓岛附近有飞弹观测舰的演习,均令日本深深感到中共的霸权姿态复苏及威胁。

中国时报17日报导说,军事评论家江谦介断言十五年后中国的海空军将对日本构成很大的威胁,而前海军将官川村纯彦亦主张为了对应中国的航空母舰,日本亦应拥有航空母舰等,沉息了一阵子的「中国威胁论」再度浮现。

 报导说,中国的预算案中,日本注意的除了国防经费增加十五%之外,主要还比较关注其用于飞机、飞弹、核武及宇航相关技术等高科技武器开发费用达一一二亿美元,成长率达一八.五%,还超过国防经费的成长率,日本防卫厅防卫研究所提出的「东亚战略概观」中便指出中共弹道飞弹的威胁,而且对中共抗议美日共同研究TMD(战区飞弹防御)构想亦反驳指「中共是担心TMD会削减中共飞弹等武器的威力」,防卫厅及防卫研究所均因为中共的飞弹威胁而认为日本当然应及早部署TMD。

 日本军事评论家江谦介指出,中国军事现代化已在进行,但是依然相当迟缓,除了一些比较积极的战略如部署东风3型战略弹道飞弹以及在陆军创设紧急出动部队等之外,许多现代化是停留在理论层次,唯中国的经济发展如果顺利持续下去,而且现在的政治体制基本上没有太大变化时,十五年后,中国的军事力,尤其是海、空军军力,对日本而言将构成重大威胁,而且中国军事论文中一再提倡未来的战争是不仅采传统的正规战争,而用「非对称型」的「超限战」,即包括金融战、心理战、化学战、贸易战、电脑战、游击战等,这将使自卫队的机能相对大为脆弱化,所以防卫厅、自卫队应正确掌握时代及状况的动向,经常有客观评估及修正自己的能力,以在各方面取得主导能力。

 据江指出,中国向俄国订购二艘驱逐舰,第一艘「杭州」已交给中国,而这是中国唯一能派上用场的现代大型军舰,尤其部署射程达一六○公里、二.五倍音速的舰对舰飞弹,目前尚无阻止此种飞弹的有效手段,不过目前中共尚无使该飞弹发挥威力的预警管制系统,中国已向以
色列订购了搭载雷达系统的预警机一架,预定一年多以后交机,此机是否能加强「杭州」侦测海上目标能力尚未可知,而只有一架是不够,必须要有数架;另一方面美国航空母舰部队警备范围半径达一千公里,目前还算在中国威力之上,唯中共确已逐渐在海洋上对周边国家构成威
胁。

 江并指出,中国亦已从俄国采购了约五十架SU-27苏恺战机,但是零件补给等不良,出动率很低,虽然为对台湾施压而试投炸弹,但是这并非该机原本用途;另一方面中共又从俄国购入引擎及雷达,在渖阳由俄国授权生产二百架苏恺机。

 前海军将官川村纯彦则指出,中国将在二○一五年拥有真正的航空母舰,日本从海线防卫观点而言,亦应建构日本自己的防卫体系,拥有航空母舰,只是不是像美国是搭载攻击陆地的攻击机,日本系以搭载迎击机为主,即防卫型航空母舰。
[PR]
# by rjw.tunetune | 2006-03-05 09:18 | 中国・台湾のこと

中国の戦後補償の本質が見えた。

Excite エキサイト : 国際ニュース


対日民間賠償の活動強化 中国、基金に3700万円 [ 02月25日 20時14分 ]
共同通信

 【北京25日共同】対日戦争賠償を求める日本での民事訴訟を支援する中国の法律家らが25日、北京で記者会見し、対日民間賠償請求を支援する基金への協力を各界に呼び掛けるなど活動を強化、日本側に賠償実現を迫る方針を表明した。
 中国司法省のホームページによると、会見したのは中華全国弁護士協会など。会見場は人民大会堂で政府系機関の代表らも参加しており、中国政府の暗黙の支持があるもようだ。会見では、民間賠償支援基金に対し中国企業や市民がこれまで計256万元(約3700万円)を寄付したことを明らかにした。
 中国政府は1972年の「日中共同声明」で対日賠償請求を放棄している。


 たしか、サンフランシスコ平和条約において、その当時の代表政権として認められていた「中華民国」政府と、賠償請求権の放棄は取り決められていたはずであり、その代わりとして、損害を与えた各国に経済援助という形で資金を拠出していたように思う。上の記事にもあるように、「中華人民共和国」政府相手にも、この規定に基づいて1972年の「日中共同声明」でも、対日請求権を放棄を明記されており、日本国は、それに代わるものとしてODAを中華人民共和国にも多額の資金及び日本の技術を与えているのである。
 これに対して、中華人民共和国政府は、国民にその事実を伝えずに、自分たちの失政をごまかすために、「反日」デモを認可しさらに、日本国から、さらなる貢物を取り立てようという魂胆であったように思われるが、幸いなことに、「反日」デモの映像が全世界に流れたため諸外国の反発を買いうまくいかなかったのは、最近の明らかな事実である。
 結論からすれば、中華人民共和国人民の考え方としては、金のあるところから取れという考え方ではないであろうか?日本が中国に援助した資金はどこに消えたのか?という問題意識は、彼らの頭の中にはないようだ。
[PR]
# by rjw.tunetune | 2006-02-26 10:25 | 日記

はめられた民主党

Excite エキサイト : 主要ニュース
謝罪会見での収拾検討=永田議員進退で民主=差替 [ 02月25日 20時03分 ]
共同通信


 民主党執行部は25日、ライブドアの送金指示メール問題への対応について、永田寿康衆院議員の辞職は見送り、永田氏が26日からの週内に謝罪会見を開いて説明責任を果たすことで事態の収拾を図る案の検討に入った。党としてもメールの真偽に関する調査結果を公表する。
 永田氏を辞職させれば「国会で疑惑を追及する議員が委縮し、将来に禍根を残す」(党幹部)との判断からだ。党内では「だれかが辞めなければ、混乱は拡大するだけ」(中堅議員)として、引責に言及した野田佳彦国対委員長の辞任論も強まっているが、前原誠司代表は25日夜、京都市内の会合で、「真相究明について引き続き頑張ってもらう」と述べ、野田委員長の辞任の必要はないとの認識を示した。

 この話の出所は、案外、総理官邸に近い筋かもしれない。このメールが表ざたになった地点ですぐ「ガセネタ」と総理は断じ、その後の進展を見てもほぼガセネタレベルの話となっているのを見るにつけ、もしかしたら、総理は全てを知っていたのではないか?という気がしてならない。
 実際、何かを隠したい場合は、その案件に係わる衝撃的な事実を大々的にリークし、その後、衝撃的な事実は嘘であったとひっくり返し、それに係わる証拠を刈り取っていくというスタイルをとるケースが多いと聞く。
 民主党がこのメールにこだわっている間に、もっと重要な証拠が隠されていっているのではないか?そういう不安を私は拭い去ることはできない。民主党も作戦を誤ったとしか思えない。おそらく民主党は、このメールを突破口にして国政調査権を発動し、その後他の証拠を見つけ出すという作戦であったのだろう。これは、明らかに民主党の作戦ミスである。本来なら、他の証拠を集めて最後の切り札にこのメールを使うべきだったのだ。状況証拠を積み上げれば、たとえこのメールが偽物であったとしても、国政調査権の発動、自民党に対するダメージを与えることができたのではないか、と考えられる。
 いずれにしても、永田議員の謝罪会見ではけりをつけられない問題であり、この問題の本質は、一人の議員の暴走によってせっかくのチャンスをフイにした民主党の体質の問題である。党執行部としては、なんらかの再発防止策をとる必要は十二分にあると考えられる。
[PR]
# by rjw.tunetune | 2006-02-26 10:06 | 日記

国公立学校における国旗掲揚は当然ではないか?

Excite エキサイト : 社会ニュース


「強制やめて」保護者訴え 卒業式の日の丸君が代 [ 02月23日 18時18分 ]
共同通信

 卒業式シーズンを前に、東京都立高31校に通う生徒の保護者らが23日、東京都教育委員会に「日の丸・君が代を強制せず、内心の自由を保障した式にしてほしい」とする要請書を提出した。
 都教委の担当者は「学習指導要領に基づき国旗国歌の意義を理解させる必要がある」などと説明。同席した都立高3年の女子生徒(18)は「何も説明なしに、君が代を歌うことを強制されても理解にはつながらない」と訴えた。
 3年の娘が都立高に通う女性(51)は要請後の記者会見で「娘は君が代を歌いたくないが、大好きな担任がそのことで処分されないかと心配している」と話した。


 そもそも、国公立学校というものは、国及び地方自治体が国民より集めた税金でもって建てたものであり、国をあらわすものは、国旗であり国歌である。
 となると、国公立の学校において国旗掲揚及び国歌の斉唱は内心の自由云々の問題ではないであろうと考えられ、日の丸・君が代が国旗・国歌として不適当であると考えるのならば、このような反対運動を行うのではなく現在の国旗・国歌に変わるべきものを提示するべきである。
 私立の学校であるなら、学費は高くとも、それぞれ学校教育としての理念があり、中には国旗・国歌を認めない学校はあるはずである。
 国旗・国歌を否定するつもりなら、私立学校に行くべきであり、単に学費が安いからというだけの理由で国公立学校へ入学しこのような批判を行うのは、不当といわざるを得ないのではないか?
[PR]
# by rjw.tunetune | 2006-02-26 09:48 | 日記

まあ、裏は○日ですな。

Excite エキサイト : 国際ニュース
<麻生外相発言>「誠実さも賢明さもうかがえぬ」米紙が批判 [ 02月14日 10時44分 ]

 【ワシントン及川正也】米紙ニューヨーク・タイムズは13日、日中関係や靖国神社参拝などをめぐる麻生太郎外相の最近の歴史認識発言を取り上げ、「扇動的な発言からは誠実さも賢明さもうかがえない」と批判する社説を掲載した。

 社説は「日本の攻撃的な外相」と題し、外相が「天皇陛下の(靖国神社)参拝が一番だ」と述べたことや、日本の植民地支配下の台湾で教育水準が上がったことを指摘した発言を取り上げ、「一連のがくぜんとする発言によりアジアの人々の反感を買った」と批判。

 従軍慰安婦問題や細菌兵器実験、南京事件について、日本の学校での現代史教育で「国の責任にきちんとけじめをつけていない」ことが反感の背景にある、との見解も示した。

 また、中国の軍備拡大について「かなりの脅威」と発言したことにも触れ、「悪化する日中関係にわざわざ火を付けた」と論評。「麻生氏の外交センスは彼の歴史認識と同様に奇妙だ」と締めくくっている。

 ただし、社説は、南京事件の市民の犠牲者を中国側が主張している「数十万人」としたり、中国潜水艦の領海侵犯事件などがありながら「中国が最近、日本に脅威を与えたような記録はない」と指摘するなど、中国寄りの論評となっている。

ふーん。ニューヨークタイムズですか。
ちなみに、○日の社説
麻生発言 外交がとても心配だ

 かつて日本は朝鮮半島や台湾を植民地にした。しかし、それは必ずしも悪いことではなかった。麻生外相はそう言いたくて仕方がないかのようだ。

 先週末、福岡市での講演で、日本が戦後のアジア各国の発展を支えたと説くなかでこう述べた。

 「日清戦争のころ、台湾という国を日本に帰属することになった時に、日本が最初にやったのは義務教育です。貧しい台湾の人々が子どもを学校にやったらカネをやるという大英断を下した」

 「結果として、ものすごく教育水準があがって識字率が向上した。おかげで、台湾という国は極めて教育水準が高い国であるがゆえに、今の時代に追いつけている」

 思い出されるのは、麻生氏が自民党政調会長だった03年、韓国を植民地支配した時代の創氏改名について、朝鮮の人々が望んでいたかのような発言をして猛反発を招いたことである。

 望んでいたのだから創氏改名には問題がなかった、朝鮮人のためを思ってやったことだ。そう言わんばかりだった。

 日本の植民地統治の負の部分は素通りして、プラスの側面ばかりを強調する。これでは、植民地支配を正当化しようとする勢力の主張と重なり合って見られても仕方がない。

 日本政府は植民地支配を反省し、謝罪を表明している。小泉首相も昨年8月の首相談話で明快に語った。この政府の見解を繰り返し説明し、理解を得る努力をするのが外相の本来の仕事のはずだ。

 なのに、国内向けにはトーンの違う発言をし、外国から疑念を招いている。米国の有力紙ボストン・グローブは社説で麻生発言を紹介し、近隣諸国を挑発する愚かしさを批判した。

 歯に衣(きぬ)着せぬ「本音トーク」は、麻生氏の政治家としての「売り」のひとつかもしれない。だが、首相の靖国神社参拝にからんで「天皇陛下の参拝が一番」と発言したのに続き、軽率に過ぎないか。日本外交を麻生氏に委ねるのは、極めて心配だ。

 麻生氏の講演にはもうひとつ、別の問題があった。「ひとつの中国」という政府の方針に反して、台湾を「国」と繰り返し表現したことである。

 米中、日中間で台湾問題はとても微妙な事柄だ。中国が不可分の領土と主張する台湾に「国」の呼称を使うことの意味を、外相が知らぬはずはあるまい。「地域」とすべきところを言い誤ったのだと思いたい。

 だが、2日後の記者会見では「国」と述べた発言の報道を否定して、こう述べた。「台湾を国と言ったら問題になるということぐらい、25年間朝日新聞にやられてますから。そんなにバカでもない」

 あまりに強く否定するので、こちらも録音を聞き直したら、確かに言っているではないか。口が滑ったというのなら、素直に自らの言葉の不適切さを認めるべきだ。


ちなみに、この社説で扱われているボストングローブ社とは、ネット百科事典によると、ニューヨークタイムズ社の子会社なようです。
ちなみに「朝日新聞の大研究」なる本(2003年7月30日:扶桑社)によると、朝日新聞はニューヨークタイムズと提携しているとか(pp250)こういう論は放置するほうがいいでしょう。
むしろ、当事者である台湾の新聞はどうなのでしょうねぇ~。
個人的には、学術的にはうなずける部分も多いですが、政治家としての発言ではないですね。
[PR]
# by rjw.tunetune | 2006-02-14 20:35 | 日記

ヒルズ族ですか?

Excite エキサイト : 社会ニュース
<表参道ヒルズ>オープン、7万人が訪れる 東京・渋谷 [ 02月11日 18時09分 ]

 東京都渋谷区の同潤会青山アパート跡地を再開発した複合施設「表参道ヒルズ」が11日、オープンした。約2000人が早朝から列を作り、15分繰り上げて午前10時45分に開館。新名所を一目見ようカップルや家族連れら7万1000人が訪れた。。

 地上6階・地下6階建て、延べ床面積約3万4000平方メートルで、総事業費189億円。建築家の安藤忠雄氏が設計し、森ビルが中心となって開発した。建物の高さを表参道のけやき並木と同程度に抑え、周辺との調和を図った。ブティックや貴金属店、飲食店など93店が入り、住居38戸も併設されている。階段の手すりの柱には、同潤会アパートに使われていた柱を利用した。

 埼玉県朝霞市の主婦、川島美代子さん(50)は「高さが低かった同潤会アパートの面影が残っていて懐かしい」。同県川越市の中学3年、山本崇公さん(15)は「ブランド品店が並ぶ館内を、らせん状に通路があり、面白かった」と話した。【堀文彦】

今度は、表参道ヒルズぞくですか?
[PR]
# by rjw.tunetune | 2006-02-12 09:14 | 日記

両さんは、ホームズと並んだか?

Excite エキサイト : 社会ニュース
「こち亀」両さん像を設置 作者招き亀有駅前で除幕式 [ 02月11日 16時21分 ]
共同通信


 人気漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」(通称こち亀)の主人公「両さん」こと両津勘吉巡査長の等身大の銅像がJR亀有駅北口前に設置され、作者の秋本治さんらによる除幕式が11日、行われた。
 警察官の制服を着て、大笑いしながら右手を上げる両さん像は高さ163センチ、重さ約200キロで、一緒に記念写真を撮影できるように高さ5センチの台座に設置。今にも動きだしそうな出来栄えだ。
 「こち亀」は週刊少年ジャンプ(集英社)に1976年から連載、単行本は計148巻に達する超ロングセラーだ。愛読する中高生らが連日、亀有駅前を訪れるが、関連モニュメントがないため「両さんの銅像を作ろう」と亀有地区商店街協議会が立ち上がり、秋本さんも賛同。同協議会や区などが計約340万円を出し、制作した。同駅南口にも、新しい両さん像を設置する計画がある。



ホームズがロンドンで暮らしていたベーカー街の住所も架空のものでしたが、ホームズ人気にあやかって住所のプレートをつけたそうです。
そのうち、亀有公園前にも、派出所ができるかもしれませんね。
[PR]
# by rjw.tunetune | 2006-02-12 09:12 | 日記