<   2006年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

社会主義の終焉。

毛沢東の肖像、北京でオークションに出品 | Excite エキサイト
毛沢東の肖像、北京でオークションに出品


[ 2006年05月20日 18時33分 ]

[北京 19日 ロイター] 中華人民共和国の初代代表、毛沢東の有名な肖像画が来月オークションに出品される。

『中国日報』は金曜日、中国共産主義革命のシンボル、天安門広場の上に掛けられた毛沢東肖像画のオリジナルが、北京のオークションハウス北京華辰拍売公司で売りに出されると報じた。落札価格は100万~120万元(1400万~1670万円)が予想されている。

しかし、『北京晨報』によれば、インターネットでは大勢の人々がこれに驚きを表明しているそうだ。

ウェブサイト「sohu.com」のチャットルームには、「この肖像は非常に意味のあるもので、売り物にされてはなりません。国立博物館に保管されるべきです」というコメントが寄せられている。

この肖像画は毛沢東肖像画家のチャン・ジェンシーによるもので、中国系アメリカ人が所有している。チャン・ジェンシーは1950年、中華人民共和国建国一周年記念の際、中国各地に招かれ、30枚以上の毛沢東肖像を描いている。

購入検討者は5月31日から6月2日のあいだ肖像画を見ることができ、オークションは6月3日に開始する。1989年に天安門広場で軍部による学生デモ隊弾圧が起こった日の前日だ。

天安門広場でのデモの際、毛沢東の肖像にペンキを投げつけた中国人ジャーナリストは、16年以上を獄中で過ごした。彼は2月に釈放された。

過激な政治方針で何百万人を死に追いやったにもかかわらず、現在でも毛沢東を崇拝する中国人は多く、その肖像がはいまでも天安門広場の上に掛けられている。

今年の9月で、彼の死から30年になる。
この記事はロイター通信社との契約に基づき、エキサイト株式会社が日本語翻訳を行っております


あの天安門の上に掲げられていた肖像画ですよね。
時代が変わりましたなー。
どう見ても、中国は今、バブルの絶頂期にあるような気がします。
[PR]
by rjw.tunetune | 2006-05-21 09:08 | 中国・台湾のこと

いずれにしても論議を尽くせ。

Excite エキサイト : 政治ニュース
与党が新たな修正案提出 共謀罪、民主との協議難航 [ 05月19日 19時51分 ]
共同通信


 与党は19日午後、「共謀罪」新設を柱とした組織犯罪処罰法などの改正案について、衆院法務委員会での採決を先送りしたのを受け、共謀罪の適用団体を明確にする新たな修正案を同委員会に提出した。今後も民主党との協議は継続するが、双方の主張の隔たりは大きく難航が予想される。
 与党内には「審議を尽くしたら採決するのは常道だ」との声がある一方、議長が乗り出したことを重く受け止め「辛抱しないといけない」との見方もある。政府筋は「今国会中の成立は極めて難しくなった」との認識を示した。
 与党の修正案は共謀罪の対象となる「組織的犯罪集団」を「共同の目的が5年以上の懲役・禁固となる罪を実行することにある団体」と規定した。


共謀罪の適用範囲は、厳格に定め、恣意的な運用をできないようにしていかないと、一歩間違えると、治安維持法のようになってしまうかも知れませんからね。
[PR]
by rjw.tunetune | 2006-05-20 07:43 | 日記

テポドン 私の頭の上に落とすのかな?

Excite エキサイト : 政治ニュース
北朝鮮の動向を注視へ 政府、テポドン発射準備で [ 05月19日 20時10分 ]
共同通信


 政府は19日、北朝鮮による長距離弾道ミサイル「テポドン2号」発射準備とみられる動きが表面化したことに関し「単なる軍事的示威行動の可能性が高い」(外務省幹部)と冷静に受け止める一方、今後も米国などと情報交換しながら動向を注視していく方針だ。
 今回の動きについて政府は「北朝鮮による資金洗浄(マネーロンダリング)問題などが原因で、米朝間の協議が開かれない状態を打開するため、緊張状態をつくり出そうという、いつもの『お家芸』だ」(同)と分析。
 これに関連し小泉純一郎首相は同日夜、「日本は日米安保条約で抑止力を維持し安全確保に努力している。その辺は北朝鮮もよく分かっている」と日本の抑止力を強調、現段階では実際の発射の可能性は低いとの見方を示した。


ここ一週間妙な報道が続いてますね。横田さんが訪韓して以降。
朝鮮総連と韓国民団が合作したとかしないとか。
テポドン発射準備が始まったとか始まってないとか。
現状でテポドンを発射されると、日本国内での迎撃はまだまだ難しいはず。
ま、一発撃ってみてもいいですけどね。
[PR]
by rjw.tunetune | 2006-05-20 07:36 | 日記

この話、どうびっくりすればいいのでしょう。

ローマのバー、観光客をぼったくり ビール1杯14万円! | Excite エキサイト
ローマ 3日 ロイター] 香港の男性観光客がローマのバーでビール1杯飲んだだけで990ユーロ(約14万2000円)もぼったくられてしまった。

男性が入ったのはローマで最も有名な通り《ヴィア・ヴェネト》。ビールの価格は通常、10ユーロ(約1400円)程度だ。

1人で旅行をしていたその観光客は、客引きにつられてそのバーに入り、ビールを1杯飲んだところ、990ユーロを請求された。観光客は490ユーロ(約7万円)まで値切ったが、結局、バー側はクレジットカードから990ユーロ取っていた。

男性はローマ市長事務所に「勘定書を渡されたとき、これは支払った方が安全だ、と思いました。もしそうしなければ、危ない目に遭うような気がして怖かったのです」と語った。事件は同事務所が捜査している。

観光客は香港出身だが、ドイツ在住で、英国のパスポートを持っている。被害にあった時、警察に訴えようとしたが、英語がわかるものがいなかったため、事情を説明できなかった。

過去5年間で、ローマへの観光客は大幅に増加、昨年の4月と比較すると60%も増えている。しかし、《永遠の都》ローマの魅力は、適正な価格で買い物をしたり、サービスを受けるのに大変な思いをするために半減している。

ローマを訪れる観光客の大半は、バーやレストラン、ホテルでぼったくられた経験を持っているし、空港からタクシーに乗ると数百ユーロもふっかけられ、断ると高速道路の脇に放り出された客の話に青ざめる。


 ビール1杯14万円って、どうびっくりすればいいのでしょう。イタリアじゃ高いのか?
日本でもそんなぼったくりバーは普通にあるそうですから。
どうなんでしょう?
[PR]
by rjw.tunetune | 2006-05-04 09:26 | 日記

竹島と日本海の交換 - 島の領有権を放棄して海の名称を守ることはできない

Excite エキサイト : 国際ニュース

結論から言うと、竹島の領有権を韓国に譲渡して、その交換として「東海」の地名表記を永久に放棄させるというのが私のプロポーザルである。竹島領土と日本海表記の交換。韓国国内の全ての地図表記を「日本海」と書き改めさせ、日本海を和解と友好の海にする


 似たような話が、「朝日新聞」のコラムにも載ってましたね。竹島を韓国にくれてやれば、竹島近海は、日韓友好の海となるであろう、と。だが実際、韓国の現政権が、そのような考えを持つことができるのであろうか?
 現ノムヒョン政権は、韓国歴代政権の中でも最も北朝鮮に近く反日的な政権であるのは、最近の日韓情勢を見ても良くわかるだろう。
 ま、左翼の方々は、「すべて小泉が悪い、靖国を参拝するからいけないのだ。」の一言で括りたがる傾向があるが、実際のところ、どちら側にも問題があるから、首脳会談を開けないのであり、逆説的ながら、会談しなければならないほど大きな急を要する問題が無いから開かないのかもしれない。
 いずれにしても、韓国国内の地図の「東海」の表記を「日本海」に書き換えさせることは不可能に近い夢物語であろう。

経済的価値は周辺海域の水産資源のみであり、島根県の漁業関係者が求めているのも竹島の土地利用権ではない。経済水域で折り合えるならば、象徴的価値としての竹島は韓国に譲り渡しても問題はないのだ。


 問題は、経済水域で折り合えることが可能かどうかですね。竹島を実効支配している側が、相手国の指摘に反発して、デモを起こし国旗を焼くような国民性の国ですよ。日本人が竹島を軍事占領しようとしてもいないのにも係わらず。このような国相手に、経済水域で折り合えることは可能なのでしょうか?

日本人は竹島を断念し、韓国人は東海を断念する。どちらも重い。重いが、これは妥協であり、両国の国民が隣人として末永く仲良く暮らしていくための知恵である。これが一つの平和的な決着方式であり、日韓関係を次へ導くためにはこの跳躍しか思いつかない。が、これは日韓関係の問題解決としては有意味なのだが、日本外交全体から考えるときわめてリスクの大きな一手なのである。それは何かと言うと、外国によって不法占拠(実効支配)されている大きな領土が日本にはあって、それは北方領土だが、その問題解決に影を落とす懸念がある。竹島でも譲ったのだから、クリルで譲ってもよいではないかという主張が成立する余地を与えかねない。面積においても資源においても北方領土は小さな竹島とは比較にならないのだが、ある意味での「領土放棄」の外交実績ができてしまう。そこが懸念であり、簡単に竹島を放棄できない日本側の事情がある。だから戦略的に考えた場合、北方四島の返還が先なのだ。竹島問題は本当は後なのだ。

まず北方領土の全面返還を達成するため、他の周囲の外国とは問題を起こしてはいけないのである。それが戦後の日本外交の一貫した戦略と態度だった。


 なんか矛盾してません、この文章。竹島問題で妥協すると、北方領土問題でも妥協しざるを得なくなるでしょう。本来、どちらも優先して行わなければならない課題であり、どちらが後でどちらが先であるというものでもないはずですが。いずれにしても、100年間実行支配をし続けるとその土地は、実効支配している国のものになるそうですし、日本国にとって残された時間はあまりにも少なくなってきています。時間がたてば立つほど、実効支配している国が有利になるので当然相手国は、あの手この手で引き伸ばしにかかってくるでしょう。その中の活動の一環としてこのような言説を吐く連中も出てくると思われます。

改憲をしたいのだ。すべて改憲のために道具利用しているのである。韓国のナショナリズムに火を点けているのは、別にそれが面白いからやっているのではない。軍事侵略が目的ではない。再植民地化がしたいわけでもない。国内政治の目標があるのだ。改憲のためだ。改憲するために、韓国と中国の中に「反日」を醸成しているのである


 最後に一言。いい結論ですね。全ては、改憲の為に利用している。しかも、日本が韓国のナショナリズムに火をつけているのは、「軍事侵略が目的ではない。再植民地化がしたいわけでもない。」のならば、別に改憲をしても問題ないと思いますが。
 私自身、改憲論者であり、自衛隊をはっきり軍隊と位置づける必要があると考えています。
 その最大の理由は、現状自衛隊は、軍隊ではないので、自衛隊員が捕虜をとったり、捕虜になったりすることはできない、つまり、捕虜となった自衛隊員を殺害したところで、法的には、問題なしと強弁することが可能なのです。(国際社会の非難等の問題が発生しますがね。)
 日本と紛争を起こす可能性のある国家、日本が戦争に巻き込まれる可能性のあるエリアには、中国・韓国・北朝鮮という世界3大反日国家が存在しています。現状の憲法では、自衛隊員がこの三国の軍隊の捕虜になった場合、殺害される可能性かきわめて高いと判断せざるを得ません。
 自衛隊員の生命を不当に奪われないためにも、憲法を改正し、憲法で専守防衛の理念を打ち出し、自衛隊を日本国の主権の及ばない範囲での活動を禁止すれば、現状よりも、他国の信頼を得ることができるのではないかと思われますが。いずれにしても、非武装の空想的平和主義は、日本国周辺の現状を考えると、不可能であるとおもわれます。
 
[PR]
by rjw.tunetune | 2006-05-03 07:56 | 日記

北朝鮮との戦争

Excite エキサイト : 国際ニュース

「拉致の話って、何がどこまで本当なのか全然分かんないよね。信用できない」とハッキリ言った。それに合わせて妻の方も、「たしかにそうだよね」と頷いていた。


たしかにそうでしょう。北朝鮮の言い分はどこまで本当なのか。横田めぐみさんの遺骨と称される骨も2人分の骨が混ざっていたといいますし。
民は単にマスコミに騙されているだけでなく、あまりに過剰なマスコミのプロパガンダ報道の洪水に対して胡散臭さを感じているのだろうと思った。


むしろ、北朝鮮の発表に胡散臭さを感じているのでは、少なくとも今の北朝鮮には、言論の自由も無いと思われますが。自由な言論が無いということは、政府の発表は、常に胡散臭さが付きまとうと思いますが。

4/28には衆院法務委で「共謀罪」法案が強行採決されるかどうかの緊迫した情勢があり、左翼系のブログは、今回の横田早紀江の訪米と拉致報道の洪水は共謀罪を国民の目から隠すための政府の陰謀だと怒っている。


何故左翼の方々が「共謀罪」が問題になるの?左翼=共謀罪適用対象なの?

電通が仕切るテレビ朝日が安倍晋三の私物であることは普通の人間なら常識だから


え、そうなんや。知らんかった。(笑)私、常識ありません。

北朝鮮との今回の戦争の目的は拉致被害者の救出や奪還ではない。目的は憲法改正である。国内政治が目的であって北朝鮮はただの道具だ。


もし、戦争だとしても、北朝鮮から仕掛けられた戦争であり、自国と自国民を守るということは、正当防衛ではないかと思われますが・・・・。そうなると憲法改正も必要になってきますよね。

<安倍晋三が裏で出すカネの見返りに北朝鮮が安倍晋三に協力しているのではないかという疑念である。/blockquote>
証拠があるのかね。無ければ単なる妄想だよ。場合によっては、名誉毀損になるかもね。(笑

日本は北朝鮮と戦争している。戦時中だから英雄である横田早紀江に喝采しなくてはならない。戦費として米国に「拉致会談費用」をありがたく1兆円払わなければならない。横田早紀江を批判する者はアカのサヨクの反日の非国民である。ネット右翼は総力を挙げて非国民ブログを撲滅しなければならない。


はい、わかりました。私もネット右翼として、馬鹿左翼アジ演説ブログを全力で撲滅させていただきます。ね。「世に倦む日々」のテロニッキさん。(笑
[PR]
by rjw.tunetune | 2006-05-01 19:41 | 日記