<   2005年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

別冊宝島を読む~その4~の2

 色々書いてきたが、私自身日清戦争に関する記述の中で、一番?が浮かんだのは、「1894年7月、日本海軍は、朝鮮半島沿岸で中国の兵士輸送船を襲撃し、宣戦布告のないまま開戦した。8月清政府は迫られて日本に宣戦した。」(別冊宝島p17)という記述である。
 確かに、日清戦争において宣戦布告を行ったのは、8月1日のことであり、その前の軍事衝突は、7月25日の豊島沖海戦のことであろう。教科書で触れられているのは、この豊島沖海戦とそれ絡む、高ショウ号事件のことだと考えられるが、「中国の兵士輸送船を襲撃し」とあたかも、中国船籍の船を攻撃したかのように記されているが、「中国の兵士輸送船」とは、実は、英国船籍の商船高ショウ号を指すのは、明白である。そのため、もし日本がその当時の国際法上違法な攻撃を行っていた場合、英国との関係悪化は避けられなかった。実際、英国の世論は反日に振れかかったらしいが、その当時の国際法上に照らし合法と認定されたため、英国からの損害賠償は要求されなかったとのことである。(かなり、高ショウ号事件の内容に関しては雑にまとめた内容であるため、一度、機会を改め触れてみたいと思う。)
 この文章から、日清戦争は、日本が一方的に中国に戦争を仕掛けた様に記されているが、
実際のところ、朝鮮半島における中国と日本の権益の奪い合い、早い話が、列強の進出に対抗して、朝鮮半島の市場をどちらが押さえるのかという問題に過ぎないと思われるがどうだろうか。
 この後、馬関条約「下関条約」における伊藤博文と李鴻章の駆け引きに焦点があたるが、このあたりに関しては、「馬関議和中之伊李問答」という文章(中国近百年史資料続編所収)のなかに見られるやり取りが記されている。日本側にはこのような資料はないのだろうか?情報があればご教授いただきたい。
[PR]
by rjw.tunetune | 2005-07-17 08:58 | 歴史

別冊宝島世読む~その4~

 今回のテーマは、日清戦争、中国側の呼称によると、甲午中日戦争とも、第一次中日戦争とも言われる朝鮮半島問題にかんして、日本と清国が戦った戦争である。この戦争は、明治維新以後始めての対外的な戦争でもあった。
 中国側の教科書によりと、戦争勃発の背景は、中学版のものは「1894年、日本は朝鮮を征服し、中国を侵略し、世界を牛耳るという理想を実現するため、朝鮮に出兵・占領し、引き続き対中侵略戦争を発動させた。」(別冊宝島p16)と記されているようである。高校版では、明治維新以後日本の国力は増大したが、国内市場が小さく、対外侵略を行うことによって市場の拡大を図ろうとした、と説明されている。そして、日本の対外政策は、「西側の列強の支持を得た。」(別冊宝島p16)そうである。ここで、面白いのは、この当時の帝国主義国家の中で(当然ソビエトは成立していない。)西側の列強という表現を用いてることである。むしろ、この時代の帝国主義国家の分類としては、英・仏という先発組みと独・露・日・米という後発組みとの対立と捉えるべきではなかろうか?現在の中国政府の価値観が教科書に混入しているような気がするのは私だけだろうか?日本の対外進出の責任の一端は、、列強の黙認ということにも触れられている。
[PR]
by rjw.tunetune | 2005-07-17 08:32 | 歴史

別冊宝島を読む~その3~

 「元寇と倭寇」
今回のテーマは、「元寇と倭寇」ということである。元寇とは、中国において、モンゴル人が建てた王朝である元朝が九州北部に2度にわたって来襲したということである。ちょうど日本国内はその当時北条政権下の鎌倉時代であり、鎌倉武士の奮戦と台風の来襲により、元軍は撃退された。この戦い以後北条政権は、恩賞問題に端を発し最終的には、鎌倉幕府の覆滅、日本人の精神構造の中には、「神風思想」が刷り込まれ、第二次大戦では、「神風特攻隊」なる部隊まで編成されるようになったのは、周知の事実であろう。では、中国の歴史教科書の中ではどのように「元寇」および、「倭寇」が扱われているのかを見てみよう。
 といいたところだが、中国の教科書には、「元寇」に対する記述がないそうである。そのため、私としても、元寇に対してコメントの仕様がない。中国の教科書の原典を一読した上で、中国の教科書上、元代をどのように位置づけているかという問題から始めなければならないような気がする。ただ、元代は、中国史上どちらかというと、対外政策は活発であった時代であるので、「元寇」もしくは、元朝の対外出兵(日本以外も含む)をどのように記載しているのか調査をする必要性がある。
 「倭寇」に関しては、いろいろ細かい記述があり、戚継光なる対倭寇戦で活躍した義勇軍の首領のことが記されている。中国の教科書であるから、侵略されたことに対する被害および、それに対する抵抗を行った英雄に対しては、ある程度の記述を行うのは、当然であろう。日本でも、元寇の際には、同じような記述を行っているのだから。ただ、「倭寇」=日本人中心の侵略行為とするのは問題であり、豊臣秀吉の朝鮮出兵以後は、「倭寇」と記されていても、中国人が中心になっているものも多かったという。(注1)ただ、「倭寇」=日本人という図式は、私自身日本史の授業では、そのように受けた記憶があり、日中ともにそういった教育を行っているのかもしれない。
 (注1)明代に書かれた史料には、王直なる倭寇の親玉のことについて書いてあるものもあるらしい。ちなみに、王直は、中国大陸出身の人物である。

 
[PR]
by rjw.tunetune | 2005-07-16 07:42 | 歴史

別冊宝島を読む~その2~

 「遣唐使と鑑真」(p10~p12)について

 「隋唐の時代、中日両国間の交流は、密接だった。(中略)留学生や留学僧もやって来た。」
と中国の教科書の日本語訳を引用しさらに、阿部仲麻呂の簡単な紹介ぐらいはあってもいいように思う、というようなコメントを記しているが、私は、中国の教科書の立場とすれば、これ以上のことは書きようがないかと思う。
 理由は、唐の時代は、比較的漢民族の力が弱く(注)異民族が宮廷に出入りしている比率がたかかったので、唐代は、想像以上に国際色豊かだったようであるので、わざわざ、日本人の留学生・留学僧のことを取り上げる必要性は、乏しいと思われる。もし、取り上げるとなると、日本出身以外の似たような境遇の人物をある程度取り上げざるを得なくなるので、教科書の記述に収拾がつかなくなる恐れが生じるのではないか。あくまでも、中国の教科書であり、日中関係について記したものではないので日本に焦点をあてすぎるのはいかがなものか?

(注)唐の太宗の時代にも、長孫無忌やら、独弧皇后やら、漢族には存在しえないような名前の人物が散見される。

 この後、遣唐使の説明、平城京と日本文化に唐代の文化が影響を与えたことに対する解説等が続き、唐代の日中関係の中で、唯一名前が出てくるのは鑑真だそうだ。鑑真の日本渡航に関する記述は、日本の教科書と若干単語表現の違いが異なっているものの、ほぼ同じ様な文章であるという印象を受けた。ただ、隋唐以前の日中関係に関しては、漢と奴国との関係で、漢が金印を授けたという記述はあるらしいが、魏と邪馬台国の関係に対する記述は触れられていないようである。

 結論から言うと、隋唐以前の日中関係の記述に関しては、そう「?」が浮かぶ記述も少ないような印象を受けた。実際、隋唐以前は、文献上は、倭国に関して記されているので、(注)はっきり、日中関係といえるのは、隋唐以後のことであるので、そのあたりが影響しているのかもしれない。

(注)一般的に倭=日本というイメージが定着しており、私のコメントに反発を覚える方もおられるかもしれないが、倭という言葉が、すべて日本を指すのかということを考えていただきたい。
邪馬台国の所在地にしても、ジャワ、スマトラ辺りにあったという説もあるぐらいなので、ただ、文献上「日本」という言葉が登場するのは、「隋書」のなかの、「倭国伝・日本伝」が初出だったように記憶している。
[PR]
by rjw.tunetune | 2005-07-10 08:52 | 歴史

別冊宝島を読む~その1~

 「別冊 宝島 中国・韓国の歴史教科書に書かれた日本」 別冊宝島編集部編をよむ。
 先日、宝島社が、出版した、「別冊 宝島 中国・韓国の歴史教科書に書かれた日本」を入手し、一読してみた。別なあるブログでは、日本の教科書と似通ったような記述に終始し、反日のはの字も出てこない、中国や韓国の学生たちも日本と同じように、歴史的事実の暗記に日々努力をしているのであろうというようなことを記していたのを目にしたのだが、正直、某大手新聞の論説員のコラムのようなレベルに過ぎないと感じた。私自身、中国史に関しては、少しはかじったことがあるので、今回、この機会にこの本を読んで、いくつか疑問に感じたこと、コメントを記して見たいと思う。
 ただ、あくまでも、「別冊 宝島 中国・韓国の歴史教科書に書かれた日本」のなかに記された、文章に対するコメントに過ぎず、原典の教科書内で、全体の流れの中で、日中関係がどのように記されているかはなんともいえないということを前提に読んでいただきたいと思う。
[PR]
by rjw.tunetune | 2005-07-10 08:08 | 歴史

治安出動、現実味を帯びてきた。

Excite エキサイト : 主要ニュース

 防衛庁と警察庁は、秋以降に対ゲリラ戦想定で共同訓練を実施することになったようだ。
これは、多数の工作員を有する北朝鮮を仮想敵としたものであろう。現実問題として、有事の際には、北朝鮮は、潜水艦や、工作船等の手段を利用して、工作員を送り込み、原子力発電所の奪取、大都市圏の地下街に対し毒ガス散布といったゲリラ戦を行うことは十分に考えられる。
 昔、ある教団が何箇所かでサリンを散布するという愚行を行った際、マスコミ、治安関係者を含め、すべての面で、社会としての脆弱さをさらけ出したと思う。もしこの社会のもろさをわが国に敵対する国家が衝けばどうなるのか。サリン事件以降今まで、このような共同訓練が行われてこなかったことに不安を感じる。先年の工作船事件にしても、不手際ばかりが目立った。いきなり、訓練も無しで実戦に参加することはできない、関係各省庁との調整も当然必要になってくる。
 いつ有事になるか、いや、ならないかも知れないが、常に最悪の事態を想定し、国民の生命・財産を守ることを政府は念頭に置いて政策を実行していかなければならない。
[PR]
by rjw.tunetune | 2005-07-02 08:41 | 日記

エイイリアンとUFOは存在すると思います。

「僕はエイリアンの存在を信じている」 トム・クルーズ | Excite エキサイト
UFO=あくまでも、「未確認」飛行物体です。ということは、国籍不詳の航空機もしくは、なにか確認されていない飛行生物(目撃した人物にとっての)はすべて、目撃者にとっては、UFOになりますね。それが宇宙人が乗っているかどうかは別にして。

地球に来ているかどうかは別にして、惑星に何らかの生命体は存在している星がある可能性は十二分に考えられます。多分、知的生命体も存在している惑星はあるでしょう。ただ、どのような通信手段を有しているかがわからなければ、意思の疎通はおろか存在自体確認できないでしょうがね。
[PR]
by rjw.tunetune | 2005-07-02 07:42 | 日記

酒飲みの執念かくの如し。

「ビールを飲まずに昼飯が食えるか!」 ベルギー下院議長 | Excite エキサイト
さすが、酒飲みですな。っていうより、ベルギーでは、ビールが水代わり?
私の考え方では、禁酒令は破るために存在すると思っておりますが。(笑)
イスラム圏では基本的にアルコールは×ですからね。
[PR]
by rjw.tunetune | 2005-07-02 07:36 | 日記

日式カレーはやめましょうね。(笑)

便器で食事を出すレストランが大人気 台湾 | Excite エキサイト

[台北 30日 ロイター] カレーやチョコレートアイスクリームを便器から食べるには、かなり強靱な胃袋が必要だろうが、台湾のトイレをモチーフにしたレストランではまさにその通りの方法で食事を出し、大人気になっている。

南部の港町、高雄にあるレストラン「馬桶」では週末になると、客たちが明るい色のタイル張りの部屋にある便座につくために長い列を作る。「馬桶」は中国語で便器のこと。

食事は西洋式の「座式」、もしくはかがんでするアジア式の「蹲式」の「馬桶」に入れられて出される。

経営者のハン・リンウェン氏によると「もともとは日本のコミックで便器の形をした宇宙船を見てひらめいた」そうだ。このアイデアは、食事をしながら遊んだり、友人をギョッとさせたがる新しもの好きの若者たちにヒットした。、

「テーマは特殊ですが、食事は美味しいですよ」とハン氏。

しかし、いくら美味であろうと、便器と食事の組み合わせはゲンナリという人も多い。

客の1人、リン・ユウメイさんは「美味しいですけどね、でも実際に目にすると気分悪いわ」とコメント。

リンさんのコメントが普通でしょう。これにカレー盛られてもなぁ~(汗)ヒントが日本のコミックだそうで、出所はどのコミックかな~と思いました。
[PR]
by rjw.tunetune | 2005-07-02 07:32 | 中国・台湾のこと