<   2005年 06月 ( 39 )   > この月の画像一覧

中国の立場としては当然の処置。

Excite エキサイト : 国際ニュース
中国の立場としては、この場合、当然の処置をしたまでですね。変なたとえですが、日本の税関が、アメリカあたりのポルノ雑誌を差し押さえたのと同じ処置です。ただ、中国・台湾ともに、差し押さえの対象に政治的な書物の項目もあるのが日本と異なった点なのです。
別に、中国を擁護するつもりはありませんが、このあたりも、チャイナリスクとして、認識する必要が十二分にあるとおもいます。
[PR]
by rjw.tunetune | 2005-06-29 07:28 | 日記

狂羊病の心配は・・・・・。

Excite エキサイト : 経済ニュース
狂牛病の心配はないでしょうが、狂羊病の発生の可能性はないのでしょうかね。
まあ、オーストラリア、ニュージーランドあたりなら、可能性は低いでしょうけど。
[PR]
by rjw.tunetune | 2005-06-26 07:48 | 日記

権利意識が未発達。

Excite エキサイト : 経済ニュース
知的財産権の問題を挙げてみても、そうですが、中国は、権利意識が低すぎますね。
クレヨン新ちゃんの商標登録が朴李(パクリ)業者に与えられており、日本のオリジナルが、パクリ扱いされる等の問題が発生しています。
[PR]
by rjw.tunetune | 2005-06-25 11:09 | 日記

マックのCM

Excite エキサイト : 国際ニュース
ひざまずく男性客とは、中国人なのでしょうか?そういった内容なら、中国がアメリカ(マック)にひざまずくと解釈する人たちもたくさんいますよねぇ~。下手にナショナリズムを刺激する内容はよくないですよね。
[PR]
by rjw.tunetune | 2005-06-25 08:10 | 中国・台湾のこと

シーズン到来!!

Excite エキサイト : 社会ニュース
今年の夏は暑くなりそうですね。梅雨だというのに、ぜんぜん雨が降らなくて水不足が心配です。とりあえず、今年は、ビール会社が儲けそうですね。
[PR]
by rjw.tunetune | 2005-06-25 08:06 | 日記

さすがイタリア

ベルルスコーニ、フィンランドの食事を侮辱 | Excite エキサイト
さすが、美食の国イタリアの首相ですな。失言も食べ物がらみとは。
[PR]
by rjw.tunetune | 2005-06-24 12:12 | 日記

危険と隣り合わせ。

Excite エキサイト : 国際ニュース
早く、イラクの治安が回復してほしいですな。危険と隣り合わせだと、どうしても、復興事業に参加するのは、軍隊並みの装備を持った集団になってしまいますから。
[PR]
by rjw.tunetune | 2005-06-23 21:00 | 日記

歴史に正しい態度を!!

Excite エキサイト : 国際ニュース
じゃあ、共通の歴史認識をつくるために共同研究を行ないましょうか?あくまでも、日本は実証主義的な研究を行なっていますが、そちらはどうですか?
[PR]
by rjw.tunetune | 2005-06-22 08:01 | 日記

あくまでも、個人は部品ですね。

Excite エキサイト : 社会ニュース
この発言を読んで感じた事は、あくまでも、個人は戦争という巨大な機械の部品の一つに過ぎないということですね。このパイロットの場合は、あくまでも、爆弾を落とす事が任務だったわけで、それ以上でもそれ以下でもないということですよ。
[PR]
by rjw.tunetune | 2005-06-22 07:54 | 日記

靖国問題に思うこと。

Excite エキサイト : 主要ニュース
 そもそも、靖国神社を公職にある方が私人であるないにかかわらず、政教分離を定めた憲法の原則に反していると思います。公職にある限り一個人として取った行動であれ、公式の行動と捉えられることはよくあるはずです。変なたとえでは、異性関係がクリーンなイメージで売ってた芸能人が、プライベートで不倫をキャッチされたとしましょう。あくまでも、その芸能人は、私人として不倫をしたのであっても、番組降板等のペナルティーを与えられますよね。つまり、総理という公職にある人物が公人として参ろうと私人として参ろうと公私の別は、一般人よりも制限されてしかるべきであると考えられます。
 ただ、公職にある人間が、先の大戦で命を落とされた方に対して不戦の誓を行うことも必ず行わなければならないことです。これは、中国や韓国が何を言おうが行わなければならないことです。
 日本は、政教分離の原則が基本的には、きっちりなされているので(ごく一部の政党は例外)靖国神社のような神道色の強い施設で参拝をするのは問題になってくると思われます。
 政教分離の観点からは、できるだけ宗教色をうすめた追悼施設があればいいと思うのですが・・・・・・。
 ただ、中国・韓国との関係がかなりこじれており、今年は何が何でも参拝しないと、対外的にも窮地に立たされるでしょう。もし、参拝をやめれば、中国・韓国は当然他の問題にも今まで以上の譲歩を求めて来るはずですから。
[PR]
by rjw.tunetune | 2005-06-19 12:50 | 日記