2005年 04月 12日 ( 2 )

中国の基本は統制ですよ。

Excite エキサイト : 国際ニュース
 なんだかんだいっても、中国の体制の基本は、政府による統制の部分が大きいと思います。
 今回のデモでも、中国政府が黙認=承認したから行なわれたのであって、中国政府が介入した場合は、行なわれなかった可能性が高かったと思われます。参加人数が中国の人口に比して少ないのもその辺でしょう。統制しやすいように少ない人数でデモを行なわせたのでしょう。暴動に関しても、日本に対する一種の圧力と自国民のガス抜きという事で黙認していたのかも知れません。それ以後の中国政府の対応を見ていると可能性がたかいでしょう。
世界に対する、日本の影響力拡大阻止のために仕組まれた可能性がありますね。

中国反日デモ>「明らかに中国政府の暗黙の奨励」英紙報道 [ 04月11日 20時20分 ]

 【欧州総局】中国で9、10両日にあった反日デモについて、英紙タイムズ(電子版)は11日付の社説で、「明らかに中国政府の暗黙の奨励で行われた」としたうえで、「暴徒化する群集心理を後押しすれば、最終的には自らが敗者になることを中国指導者は理解しなければならない」と指摘した。

 同紙社説は、中国政府が反日デモを奨励している理由として、経済格差や失業、汚職などの国内問題から国民の関心をそらせることと、アジアでの日本の政治的、経済的影響力を抑えるためであると分析した。

 反日デモの背景には、日本の歴史認識や教科書をめぐる問題もあると紹介したうえで、「日本の世論はもはや卑屈ではない」と指摘。一方で、小泉純一郎首相は靖国神社参拝や教科書の問題を解決し、「真の改革者」であることを証明しなければならないとした。

 また、10日付の米紙ワシントン・ポスト紙(同)は、北京の日本大使館の窓ガラスが割られたことなどを伝え、「反日デモは中国政府に容認されていた」と報じた。
[PR]
by rjw.tunetune | 2005-04-12 08:03 | 日記

一体何がやりたいの?

Excite エキサイト : 国際ニュース中国反日デモ>主催団体がネットで中断声明 暴徒化で [ 04月11日 19時13分 ]

 【香港・成沢健一】中国広東省で行われた大規模な反日デモで中心的な役割を果たした民間団体「広東愛国志願者ネット」は11日、しばらくデモを行わないとする声明を発表した。一連のデモでは十分な統制が取れないまま一部の参加者が暴徒化しており、「感情を静めてほしい」と呼びかけた。

 一方で、デモの継続を訴える書き込みは多くのウェブサイトに寄せられており、反日デモがただちに終息に向かう可能性は低いとみられるが、主催者側も事態の拡大に戸惑いを見せているようだ。

 同団体は声明で「最近の連続的な活動で、皆さんの愛国心は評価を得た。抗日活動は持久力と戦略性が求められており、興奮状態が続いたままでは不可能だ」と説明。その上で、同団体の名をかたってデモを呼びかけた人に対しては、その損害について法的措置も辞さないと警告している。


責任のある統制が行なわれないのであれば、デモの企画をするべきではない。
日本で同じようなデモ・暴動が起こった場合間違い無く警察に逮捕されるであろう。
[PR]
by rjw.tunetune | 2005-04-12 07:50 | 日記