鬼について

 先日の投稿にも予告しましたが、今日は、「鬼」についてのあれこれを書きたいと思います。
そもそも「鬼」という文字は、「人が大きな面をかぶって、死者の霊魂にふんするさまにより、、神霊の意を表す」とあり、その意味は、
1、神としてまつられる霊魂。死人のたましい。祖先の霊。
2、神秘的な力をもち、目に見えない陰の霊。
3、人に災難をもたらす悪い陰気。もののけ。人に害をあたえる悪神。
4、異形の怪物(餓鬼等)
5、おに。
6人間わざをこえたすぐれたはたらきの形容。(鬼神のような・・・・)
7、中国の星座のひとつ。
などと、漢和辞典では、書かれていますが、現代の中国語における「鬼」の意味は、
1、霊・霊魂(妖魔鬼怪:妖怪変化)
2、人を軽蔑する言葉。(酒鬼:飲べえ←ワシのことか?)
               (賭鬼:ギャンブル狂←わしではない!!)
3、こそこそしている。後ろ暗い。
4、陰険な。後ろ暗い。
5、ひどい。劣悪な。嫌悪感を持つ。
6、機転が利く。
7、ごまかし。秘密。いんちき。
8、中国の星座。二十八宿の一。
となっています。
 現代中国語の鬼のつく言葉といえば・・・・・
鬼道:(子供が)利発である
鬼話:うそ。虚言。作り話。
鬼魂:死者の霊魂
鬼斧:神技
日本鬼子:日本侵略者
などがあります。全体的に「鬼」という文字は、マイナスイメージが多いようですね。
 節分で、追い出される「鬼」は、角をもってて、なぜか虎のパンツをはいているようですが、このイメージは、おそらく日本で作られた「鬼」のイメージだと思われます。
 中国においての「鬼」のイメージは、日本における「霊」のイメージ、それも悪霊のイメージが強いようです。
 さて、ここで、問題です。ある映画のタイトルを漢字で表してみました。
「鬼來電」
さて、なんという映画でしょう?
答えは、来週ぐらいに書きます。
[PR]
by rjw.tunetune | 2005-02-06 08:55 | 中国・台湾のこと
<< 写真をはっつけてみよう。 当然のことながら、遅きに失した... >>