容疑者の実名報道を。

Excite エキサイト : 社会ニュース
<加藤議員実家全焼>右翼関連の情報収集充実を 警察庁長官 [ 08月17日 19時27分 ]

 山形県鶴岡市の自民党元幹事長、加藤紘一衆院議員(67)の実家と事務所が放火で全焼し、現場に東京都内の右翼団体に所属する男(65)が倒れていた事件について、警察庁の漆間巌長官は17日、「男の所属する右翼団体は警察の監視の対象だったが、事前に(男に関する)情報は取れなかった」と述べた。

 そして、「どうして取れなかったか、今後検証すべきだ。靖国神社参拝の問題をめぐる右翼団体の動向は、今後もしっかり情報収集していかなければならない」と強調した。【遠山和彦】



 先日。自民党の加藤紘一衆議院議員の実家が放火により全焼したというニュースがあった。現場には、東京の右翼団体に所属する男が倒れていたという。一説によると、小泉首相の靖国神社参拝に対する加藤氏の批判が引き金になったとも言われている。もしそうだとすれば、言論の自由を暴力で封殺するという恐ろしい時代に向かっているのではないかと危惧しなければならない。
 だが、ちょっとここで考えてほしい。この犯人と目される男の所属する右翼団体には、警察の調査が入ったとかなんとか情報が伝わってくる。どうも、この右翼団体の名称は実際わかっているような印象をうける。ということは、この放火犯と目される男の身元も当然明らかになっているであろう。それなのに、何故、この人物の名前がメディアに出ず単に「右翼団体に所属する男」なのだろうか?
 もしかしたら、報道すれば、何らかの不都合があるのではないかと邪推しなければならない、マスコミおよびある特定の集団は、この件は、あくまでも、暴走右翼が行ったこと、右翼は危険だというイメージを植えつけようとする印象操作ではないのか?もし、この仮定が間違いであるというのなら、放火犯と目される男とその人物が所属する右翼団体の名称を明らかにしていただきたい。
[PR]
by rjw.tunetune | 2006-08-19 07:46 | 日記
<< 近日公開 靖国神社に関して >>