というわけで・・・・。

中国の軍事費の伸び率の理由は、
1、人件費の上昇(人材育成費を含む)
2、石油価格の上昇
3、装備の近代化
のようですが、「東京新聞」の記事では、装備の近代化を、あくまでも、「防衛作戦能力を高めるための装備費」だそうです。(引用:東京新聞3/5付け)でしかも、中国側の言い分は、「中国は1・36%で「世界的に比較的低いレベル」であるそうです。
ただ、中国の場合は、情報公開がきっちりとなされていないケースがあるため、実数は、その2~3倍にも及ぶとも言われています。この費用が丸々上に上げた3つの理由以外にも、第4の理由として、軍高級幹部による横領(爆)もあるかもしれません。なんせ、法治国家ではなく、放置国家ですから。(笑)
いずれにせよ、装備の近代化を行うということは、その地点で脅威ですわな。
近代化をする量にもよりますが。
[PR]
by rjw.tunetune | 2006-03-05 10:08 | 中国・台湾のこと
<< 失われた10年の象徴的な出来事 中国の軍備 >>