さっきの文章のコンピューター訳です。(笑)

日心配中国はハイテクの武器を成育する


中国は全人代提出の予算案に国防費用が15%を増やすことを表して、そのうえ自動飛行爆弾に関連して、宇宙飛行相関的技術的科学技術賃は18%を増やして、日本防衛庁長官、研究所などが全部中国の軍備拡大に憂慮することを示すことを防衛して、再び加えて中国提出の台湾白書島付近を釣っておよび2月上旬には自動飛行爆弾の艦を観測する演習、全部日本に深く中共を感じさせる覇権姿態は復活して威嚇する。

中国時報は17日に話すことを報道して、軍事評論家の江謙介は15年以後中国の大海空軍がすぐに日本にとても大きい威しを構成すると言明して、それで前海軍将官川村純彦はまた中国に対応するための航空母艦を主張して、日本はまた航空母艦などを擁することが当然に、息了のひとしきりを沈没させる「中国の威し論」は再度浮かぶ。

 話すことを報道して、中国の予算案中、日本が注意し国防経費を除いて15%を増やして、主要にまだ比較的に関心のそれは飛行機に用いて、自動飛行爆弾、核兵器と宇宙飛行相関的技術などのハイテクの武器開発費用達一の1、2億ドル、成長率達一の8.5%、まだ国防経費を超過する成長率、日本防衛庁は研究所提出の「東アジア戦略概観」中のすでに中共弾道自動飛行爆弾を指摘する威しを防衛して、そのうえ中共に米日が共同でTMD(戦区自動飛行爆弾は防衛する)がまた「中共はTMDが中共自動飛行爆弾などの武器を削ることができるかどうか心配する威勢です」を指すことを反駁することを作意することを研究すると抗議して、防衛庁は研究所を防衛して均しいことは中共の自動飛行爆弾は威嚇して考える日本が早目に当然で応えることの陣容のTMD。

 日本軍事評論家の江謙介は指摘する、中国軍事現代化はすでに、ただしのろさに依然として該当して、除いて少しの比較的に積極的戦略は陣容東風の3の型戦略弾道自動飛行爆弾のようにおよび陸軍に緊急で部隊などを出動させることを創建して、多くの現代化は理論の層に留まることで、もし唯中国の経済発展が順調に続けば、そのうえ現在の政治体制に主として最も大きい変化のなかった時、15年以後、中国の軍事の力、特に大海で、空軍兵力、日本にそれで言葉はすぐに重大に威しを構成して、そのうえ中国軍事論文中が何度も未来を提唱する戦争はその上ある伝統を採る正規の戦争、それで「非シンメトリの型」の「ウルトラ限は戦う」を用いて、即ち金融が戦争を包括して、心理は戦って、化学は戦って、通商は戦って、コンピューターは戦って、遊撃戦など、これはすぐに自衛隊の機能に大きさが脆弱化することとすることに対して、理由防衛庁、自衛隊は時代と状況の動向を正確に掌握することが当然に、常に客観的に自分を評価して改正する能力があって、諸方の面にいることによって主要能力を取得する。

 江指に基づいて出す、中国はロシアに2隻の駆逐艦を取り寄せて、第1隻の「杭州」はすでに中国を手渡して、それでこれは中国唯一のエネルギー派上用途の現代の大型軍艦で、特に陣容射程は16の○キロメートルに達して、2.5の倍音の速いの艦は艦自動飛行爆弾に対して、差し当たって無がこの自動飛行爆弾を阻止することの有効な手段に尊んで、ただ当面の中共は無がこの自動飛行爆弾威力をふるった警報管制系を使うことに尊んで、中国はすでによって向かう
色は連なって1機レーダー系に便乗するレーダー哨戒機を取り寄せて、器を1年あまり以後交わすことを予定して、これ器は「杭州」を強めることができて探って海上目標能力を測定してまだ可知でないことですか、それでただ1機は不足で、よく知っていなければいけないべし棚;他方アメリカ航空母艦部隊は1000キロメートル範囲半径達一を警戒して、差し当たってまだ中国威勢以上にあきらめて、唯中共の確はすでにしだいに海洋に周辺国家に威を構成する
わき。

 江并は指摘する、中国はまたすでにロシアから50機のSU-27の蘇恺の戦機を約束を買い付けて、ただし部品補給などは不良で、出動率は低くて、しかし台湾に対するため爆弾を投げることを圧してそれで試みることを施す、ただしこれはまったく当然でない器原本用途;他方中共はまたロシアからエンジンとレーダーを購入して、汁の陽由ロシア授権に200機の蘇恺器を生産する。

 前海軍将官川村純彦はすると指摘する、中国はすぐに2の○に15年に真正航空母艦を擁して、日本は大海の糸から言ってそれで観点は防衛して、構日本自分を造る体系を防衛することにまた応えて、航空母艦を擁して、ただアメリカのようあることは陸地を攻撃する襲撃機に便乗することで、日本はもって迎撃器の主に便乗することとすることを結んで、即ち防衛の型航空母艦。
[PR]
by rjw.tunetune | 2006-03-05 09:36 | 中国・台湾のこと
<< 中国の軍備 中国軍事費に関して >>