捏造はお家芸ですか?

Excite エキサイト : 国際ニュース
【 P R 】


黄教授の別の論文も調査へ 米科学誌、疑惑受け [ 12月17日 11時42分 ]
共同通信


 【ワシントン16日共同】共同研究者からでっち上げ疑惑が指摘された、黄禹錫ソウル大教授の胚(はい)性幹細胞(ES細胞)に関する論文を5月に掲載した米科学誌サイエンスのドナルド・ケネディ編集長は16日会見し、黄教授が昨年同誌に発表したES細胞に関する別の論文について「詳細な調査を行う」と明らかにした。
 昨年の論文は、黄教授らがクローン技術を使い、人の体細胞と同じDNAを持つES細胞を世界で初めて作ったとの内容で、その成績を大幅に向上させたのが今年5月の論文。既に昨年の論文データを疑問視する専門家も出始めている。
 編集長は、11人の患者の皮膚細胞を基にES細胞を作ったとする5月の論文について、でっち上げなど意図的な不正があったかどうかは「現時点では結論を出せない」と指摘。ソウル大と、黄教授の元共同研究者が所属する米ピッツバーグ大が進める調査を見守る考えを示した。


歴史問題は、相対的なものですから、はっきり捏造とはお互い断言できませんよね。
でも、自然科学の分野でも捏造をおこなうとは。(笑)
[PR]
by rjw.tunetune | 2005-12-18 13:21 | 日記
<< 事実は小説よりも奇なり 非国民は理解不能 >>