共同研究は行うべき。

Excite エキサイト : 政治ニュース


私自身は、日本と韓国・中国との歴史認識の共有に向けた共同研究は進めていくべきだと考えております。理想は、あくまでも理想は、どこまでいっても理想は(笑)、両国間の共通の歴史認識の基盤をつくる事でしょう。もっとも、あくまでも理想の←しつこい(笑)話ですので、日本側の研究者の選定を誤れば、あちらの言い分を鵜呑みにしてしまうか、議論が平行線をたどって決裂するかどちらかの可能性が高いでしょう。
 わが国的には、共同研究が破綻した場合、明らかに歴史認識カードの有効性は失われます。うまくいったいったで、日本の言い分をあちらの教科書に反映させることができるでしょう。まあ、九割がた不可能と考えてはいますが。茶番劇にしても共同研究を行いそのうえで歴史認識が決裂した場合、歴史認識カード及び教科書問題カードの有効性は失われると思いますよ。
 ましてや日本の呼びかけで行った研究ならなおさら、過去を直視し反省しようとしている日本と、過去にこだわり、過去を問題視し続ける韓国・中国というイメージを国際的にも作り上げることができるでしょうし、その共同研究のなかで、韓国・中国の教科書のおかしい点を指摘することは、決してマイナスになることはないと思いますよ。

日本の教科書に反映を 韓国、歴史共同研究継続で [ 05月05日 20時18分 ]
共同通信


 日韓両政府は5日、歴史共同研究の活動を支援する「合同支援委員会」を開き、両国の学者でつくる日韓歴史共同研究委員会がまとめた最終報告書の提出を受けた。共同研究の継続を前提に具体的な枠組みの早期合意を目指すことを確認。6日に京都で行う日韓外相会談でも新たなメンバーの人選などを話し合う予定だ。
 今後の共同研究をめぐり、韓国側はこの日の会合で「日本の歴史教科書問題の解決につながるようにすることが重要だ」として、教科書に反映させるような研究にしていくよう求めた。
 最終報告書は編集作業を経て「出来るだけ早い時期」(支援委員会)に公表される。
[PR]
by rjw.tunetune | 2005-05-07 08:32 | 日記
<< 5/8産経新聞社説に関して 中国詣でがさかんだねぇ~。 >>