歴史的事実と法律的賠償権は、別。

Excite エキサイト : 社会ニュース
慰安婦問題において日中双方の研究者が客観的な研究を行なう事は、当然ではあるが、損害賠償等の法律問題となると、仮にそういった事実があったという認定がなされたところで、法律上、賠償責任無しという判決を下されることは、十二分に考えられます。戦時中の行為を戦後の法律では裁く事はできませんから。ただ、われわれが出来る事といえば、過去に何があったのか、を冷静に判断し、問題があった場合は、将来同じような過ちを繰り返さないようにすれば、どうするのかということを考えるべきだと思います。
このようなことを書くと思考停止された方々からの、批判が集中するでしょうね。
[PR]
by rjw.tunetune | 2005-03-18 12:37 | 歴史
<< とうとうきましたか。 韓国って民主国家でしたよね? >>