代表的な和洋折衷料理といえば、肉じゃがでしょう。

馬鈴薯おはぎにそうめんシチュー、明治の仰天折衷料理 | Excite エキサイト
誰でも、一度は、口にしたことがある、肉じゃが。日本人で一度も肉じゃがを口にしたことがないという人は、絶対にいないでしょう。(おそらく)
この料理こそが和洋折衷料理の最高峰ですよね。
かの、東郷平八郎元帥がビーフシチューを日本の調味料で再現しようとしてできたものだそうです。発祥の地は呉と舞鶴で争ってますよね。
[PR]
by rjw.tunetune | 2005-03-13 09:33 | 歴史
<< 無駄なエネルギーを費やして結局... ほうそうなんですか。 >>